A Canary for One

贈り物のカナリア
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー

『ズートピア』

ディズニーはすごく成熟した作品を世に放つようになった。アナ雪やズートピアでは恋愛を封じ、運命の男の子や女の子を登場させずに若者の成長を描く。はからずもキツネ差別に加担する『ズートピア』の主人公だが、作品は差異の尊重を力強く訴える。優れて政治的な作品だ。
1474019768478630.jpg

『ボーダーライン』
'麻薬戦争'映画。米/メキシコ国境を舞台に超法規的な作戦をタフに描く。アクション万歳な映画ではなく、ひたすら暗い。初めから最後までメキシコのある家族を映すのがいい。ただそれでもメキシコ人の扱いは不当におもえる。

NAFTA成立により北米自由市場が生まれてから20年、北米になりたかったメキシコは今、麻薬戦争で7万人の死者を出している。トランプの「壁」建設にたいするメキシコの思いは「大きな鏡を壁のアメリカ側につけて、アメリカが自身の姿をみれますように」だろう。

"Fuck a wall. America should build a giant mirror to look at itself" (@danreilly11)

14359215_10104908062545350_2546512441797154725_n.jpg 

『シン・ゴジラ』
見事だったのはゴジラ以外すべてリアルだったこと。ゴジラが果たすフィクションがあまりにノンフィクションなのだ。川を遡上し、街をのみこむ最初の形態が311の津波なら、最終形態は「歩く福島第一原発」。メルトダウンした震災3日目以降のワードが急に増えていくのが印象的だ。

3/11以降でなければつくれない作品がようやく生まれたようにおもう。ひとつ残念なのは大衆の不在さ。主役は官僚たちで、逃げまどう人々までもが少ない。肩書きのない人々こそポスト3/11映画にふさわしいのだが。


14332966_10104914607349510_1886800714702067905_n.jpg

***
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acanaryforone.blog62.fc2.com/tb.php/401-b1b0b393
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。