A Canary for One

贈り物のカナリア
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYRB

GuardianもいいけどThe New York Review of Books もいい。マイケル・イグナティエフの論考がよかった。

①ISISの目標は(西欧)世界とイスラームの分断であり、
②ヨーロッパにわたる過程で3,329人のシリア難民が地中海で命を落としたことをパリ攻撃は忘れさせてしまった。
また③シリア難民を見捨て国境を閉ざすのなら、その恨みを忘れない数百万人の人間が生まれる。ホロコーストに匹敵する暴挙であり、また対ISIS戦略としても妥当ではないとしている。

http://www.nybooks.com/articles/archives/2015/dec/17/refugees-and-new-war/

イグナティエフはカナダの政治家であり政治学者。イラク戦争を支持した「リベラルなタカ派」であるが、今回は武力以外の妥当な政策を提案する。「難民受け入れはチャリティーではなく、慎重な判断である」と。難民=テロリスト予備軍とする印象操作がされるなか、「テロに屈さない」ことは難民を強力に支援し、受け入れ続けることだとする。日本もその例外ではない。

***

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acanaryforone.blog62.fc2.com/tb.php/392-5c071b3d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。