A Canary for One

贈り物のカナリア
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬくもり

孤独は痛みに似た感覚だと知ったのはいつだったかしら。友達の多い人が心底うらやましい。大学に入って、そんな私も友情や恋愛のなんたるかを少しだけ知ることができた。残るのはいつもきりきりとした痛みを放つ後悔だ。後悔という感情をこじらせて何年も雑巾のようにずっとしぼっていると、自分がそこにわずかなぬくもりを感じていて、その心地よさに少しだけホッとしていることに気づく。

「長いあいだ一人でものを考えていると、結局のところ一人ぶんの考え方しかできなくなるんだということが、ぼくにもわかってきた。」

ある作家が書いていたことが私にもわかった気がする。

「あなたにとって私はどんな存在(だった)でしょうか」

フィードバックのないこの問いを私は今でも大切にしている。

***

スポンサーサイト

-4 Comments

hrk says...""
通りすがりのものです。
素敵な文章を書くなあと、前から読んでました。
後悔や孤独の痛みは、失ってはじめて気付き増していくものだと、私も最近改めて感じています。
2015.01.18 16:41 | URL | #- [edit]
ジュン says...""
ありがうございます。よく言われます笑。
経験の学費は高いですよね。とても払いきれません。
痛みはもっとも大切にしなければいけない感覚だと私はおもいます。まえにもどこかで書いたのですが、痛みとは心の番人みたいなもので、ひりっとするのは黄信号みたいなものだとおもうんです。道を間違えないようにって。プリーモ・レーヴィという人の受け売りです。
2015.01.18 17:46 | URL | #.xMHh39I [edit]
hrk says...""
そうですね、痛みはそこから学ぶことを教えてくれますね。
でも過去の自分の行いはそのままで、そこからどこに向かっていけばいいのかなあと思うとどうにもならない孤独を感じたりします。
そういうときに、他者の存在が必要なのかもしれませんね。
自分と同じような時間軸と経験軸を持っている他者に。
なんだか分かりにくい文章でごめんなさい。。
返信ありがとうございました。
2015.01.18 18:05 | URL | #- [edit]
ジュン says...""
わかりにくいなんてとんでもないです、hrkさんも似たような境遇におられる方だと親近感がわきました。ぜひコミュニケーションを重ねていきたいです。コメントありがうございました!
2015.01.18 18:36 | URL | #.xMHh39I [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acanaryforone.blog62.fc2.com/tb.php/365-90ad6289
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。