A Canary for One

贈り物のカナリア
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/11

学校にいけなくなったこと、働けなくなったことは何度もあるけど、やはり、所属しているところに通えなくなることは辛いこと。


ビートルズはイエスタデイで、ある日突然これまでの自分の半分以下になってしまったと歌った。わたしも歯車がかけて、コミュ力と処理能力が落ちていき、自信のコップの底がぬけているような感覚を覚える。

今日はreworkの申し込みをした。この国は労働包摂型の福祉社会だったとことを思い出す。働きたい。あがきます。

***

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。