A Canary for One

贈り物のカナリア
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の少女』

チョン・ジュリ『私の少女』をみた。DVやマイノリティへの偏見、外国人の奴隷労働や田舎の閉鎖性など、不条理さを舞台にしているが、男性支配に対する女性の連帯(シスターフッド)の映画のようにも思えるし、エンターテイメントな再生の物語だとおもう。

悪の描き方がとてもいい。DVというわかりやすい悪と、少女が行使するグレーの悪が警察による正義と鮮やかな対象をつくる。善意と悪意は限りなく同じものとして描かれる。

『私の少女』は効果的に「車」を使っていた。生活物資の運搬にも、逃避するたった一人の身体にも、移動する家族(家)にもなる。車はすごい発明だ。

以下はネタバレなのだが、ペ・ドゥナが演じる女性は元カノに「傷ついたら一人で逃げる」と言われている。少女のドヒは「連れて行って」と頼んだ母に捨てられている。ふたりの傷が最後のシーンで混ざりあうのが流れるように美しくて、涙がこぼれた。

***

スポンサーサイト

ᕕ( ᐛ )ᕗ

一枚の絵。
まちがえた線が大事にとってある。
消しゴムを一切つかわない絵。
消さなかったからこそわかる重み。
みじめなくらいに書きなぐった跡は、消し跡よりもずっといい。
そんな絵になって、 100億円で富豪に買ってもらって楽をしたい。

***

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。