A Canary for One

贈り物のカナリア
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年に読んだベスト本・コミック5選

尊敬している友達があいついで2015年のベスト映画や本のレビューをしているので、私も面白かったものを紹介したいと思います。といっても忙しくてあまり読めなかった上に、歳のせいか半年以上前の記憶があいまいなので、最近読んだものが中心です(笑)

TDPM9832.jpg



九井諒子の短編集


『ダンジョン飯』が「このマンガがスゴイ」の1位をかざりブレイク中。星新一を思わせるショート・ショートの『ひきだしにテラリウム』『竜の学校は山の上』におさめられている短編はどれも完成度が高い。特に「スットコ訪問記」「代紺山の嫁探し」はスルメのような味わい深さが。「途上国にいってなつかしさを経験した!」系を現地の住民の視点から語る「まなざしの逆転」が見事な「スットコ訪問記」は8ページのショート。「代紺山の嫁探し」は日本昔話へのリスペクトが感じられます。他にも素晴らしい短編が多く、それだけでベストを構成したいほど。もう一つの短編『竜のかわいい七つの子』にある「金なし白禄」もすごい。泣ける。



おざわゆき『凍りの掌』

『あとかたの街』で知った人も多いのでは。記録文学的なすごみではこちら、シベリア抑留を経験した作者の父を描いた『凍りの掌』が上だとおもった。統計のグラフや数値に落とされがちな個人のライフストーリーに人間性を取りもどした作品だといえる。戦争のほとんどを他国の領土で戦ったにもかかわらず<日本人>が独特な被害者意識を戦後に残したのは、戦争末期に多くの若者がろくな訓練もされないまま戦地に放りこまれたからではなかったか。戦争目的と戦略が破たんした事実は、戦死・餓死が最後の年1945年に集中していることからもうかがえる。その多くが墓も遺灰も残せず、ただ数字として伝わるのみ。生きのこってもなお極限状態が容赦なく人間性をはぎ取る展開に息をのむ。時代の空気を真摯に再現しようとする点で小熊英二『生きて帰ってきた男』と対をなす作品。


ティモシー・スナイダー『赤い大公:ハプスブルク家と東欧の20世紀』

ハプスブルク家のプリンスの数奇な運命を追ったノンフィクション。王子のヴィルヘルムはナショナリズム、ナチズム、スターリニズム(共産主義)に複雑な共鳴と裏切りを演じながら「祖国」と定めたウクライナに賭ける。王子の運命を軸に、多様なヨーロッパが画一的な国民国家へと変貌し、全体主義に苦しみながら統合へと歩みよろうとする物語を見ることができる。ヨーロッパの王家はナショナリズムの勃興以前から統治をおこない、国境を越えて婚姻関係を結ぶコスモポリタンな人々であったが、その精神がある意味でEUにつながっているのがおもしろい。王子がイケメンですごくハレンチで、ぶっとんだ戦間期のパリの描写もすばらしい。スナイダー教授の近著『ブラッドランド』も最近翻訳されている。


アントニー・ビーヴァー『第二次世界大戦 1939-1945』

世界大戦の全貌を詳細に記したために日本は強くて解放者で偉かったとするネトウヨからの評判が悪い(笑)。戦記絵巻や英雄譚ではなく、ガス室と戦地でのエスニック・クレンジング、レイプ、一般市民への計画的な餓死への記述があるトータルな作品。大英帝国の政策により、植民地時代のインドが戦火ではなく飢餓によって数百万の死者を出したことを初めて知った。翻訳があまりよくないのはさておき、扱っている内容があまりにもグロテスクなのでオススメはできないが、今なお論争を巻き起こしている大戦がどのように推移したのかを知ることができる好著。アジアや太平洋での戦争への描写は完全とは言い難く、今後の研究に期待したい。


市川春子『宝石の国』

SFなのかバトルものなのか。不死の宝石たちが正体不明の月人(仏教的なモチーフ)と戦う話。人を頼ることへの躊躇、変わることの難しさ、喪失のしんどさ等、関係性の妙が詰まっている。絵がとにかく美しいんですね。読んでいるとキュンとします。必読です。

他にもたくさんあるのだけど、またの機会に。

***

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。